10/9は初のハセツネCUPに参加!

↓スタート地点、会場に入る際に撮影。

00

↓受付までの様子。雰囲気が他の大会とは異なり、硬派な印象です。
13

12

↓申告ゴールタイム順に並びますが、皆渋滞回避のため10時間以内に並んでいます…これはやむを得ないか。
41

噂通り、着替える体育館はいずれもいっぱい!足の踏み場もなく、仕方ないのでコンクリートの空きスペースで着替えなどの準備。

荷物預けも更衣室が兼ねているので当然置き場所はなく、路上に適当に荷物を置かざるを得ない。これは改善してほしいですね。

ちなみに私は屋根のある体育館の隣のスペースに置いておきました。

さて、12時半から開会式が始まり、スタートラインへ。ハセツネは初めてなのでよく分かりませんが、フルマラソンタイムやほかの大会のタイムなどを参考に、サブ12時間を目指します。

ハセツネは第一関門:第2:ゴール=3:3:4が目安と言われているので、第一の浅間峠まで3時間36分以内、第二の月夜見まで7時間12分以内を目指します。

11時間台のスタートと言っても10時間台が多い為、然程前ではない…

13時号砲となりますが、全然進まず、また周りのランナーでダッシュする気がない人もいるため渋滞…

ロードに出ると道幅が広くなり、どんどん抜いていきます。

と言っても、今回は心拍数170bpm未満に抑えたく、荷物も2.5Lの水とジェルなどで3kg超は背負っているので、5分/km程度で走ります。それでも結構抜いていける。

トレイルに入った時点で早速渋滞…これがかなりひどく全く動かない…進んだとしてもまた渋滞となる。

これは前のランナーとの距離が開くわけですね。渋滞→走る→渋滞、という繰り返しが第一区間の途中まで続きました…

コースはと言えば、キタタンや道志村などと比べて急なアップダウンが然程なく、巻き道なども走る為、ペース走をしている感覚!結構走りやすい!

三頭山、御前山、大岳山の3つの山はきついですが、その急登以外はそれほどでもなく、下りも急で滑りそうなものは無し。三頭山のガレ場の登り下りはきつかったですが…

第一区間でとにかく渋滞がひどく、まあまあ抜きましたが、それでも第一関門は3時間40分ほど。サブ12ペースです。

第二区間は走りやすいトレイルでアップダウンも少なく巻き返して90名くらいは抜き、7時間20分くらいで到着。これも大体サブ12ペース。

ところが、第3区間に入った直後の御前山の登りで胃が気持ち悪くなり、力が入らずドンドン抜かれていく…

月夜見で補給したポカリで血糖値が上がり過ぎたのか?!ジェルも気持ち悪くて入らない。

いつか復活するか?と何とか御前山を登った後の下りで復活!ペースが上がり、今度はドンドン抜いていく!

大ダワのチェックポイントに到着!ここからサブ12に向けて巻き直しと思った矢先、トラブル発生。

ここで無念のリタイアとなりました…

↓ハセツネ上では46-47kmくらいで、GPSでは42.7km。あと15kmくらいだったので残念!

2016101002

↓前半は登りの為心拍数が上昇。後半はペースを抑えて登り、うまく心拍コントロールが出来ました!
2016101001


当面はトレイルレースに出るつもりはないので、最後のレースと位置付けていたハセツネでリタイアとなるのは残念ですね…

また当面は走らないつもりなので、少しブログの間隔が空くかもしれませんが、復活の時にはまたお付き合いいただければ幸いです!



にほんブログ村


トレイルランニング ブログランキングへ