昨年に引続き、飛騨高山ウルトラマラソンの71km部門を走ってきました!

最初に昨年出た時は、ウルトラマラソンに一度出てみようという気持ちと、家族を連れての観光としての高山が非常に良かったという理由で参加しました。

それまで練習含めてフル以上の距離を走ったことがなく、しかもロードとはいえ標高600mから最大1345mまでのアップダウンがあるコースということで、非常に不安がありましたが、走ってみると景色もよく山の中は涼しく、アップダウンも然程苦痛ではなく、地元の方の声援が熱く、総合順位も13位ということもあり、良い印象がある大会となりました。

飛騨牛も美味しいですしね!

元々、ウルトラマラソン自体にあまり興味がないため、年間で出るウルトラマラソンはこの大会だけです。

逆に言うと、それだけ気に入ったレースということになります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前置きはさておき、今回は一人で行って前日受付、前泊してレースに臨みました。

最低目標は『昨年のタイムと順位を上回ること』で、出来れば5時間半以内くらいのタイムで、6位以内入賞を目指したい!と思っていました。

今年のネックは『気温』。雨の予報もありましたが、それはなくなり、曇りで気温が高め、という予報でした。

実際は、晴れて気温上昇!暑さに苦しみました。

38

スタート時の5時15分はまだ気温が16℃程度と低く、前半は快調に飛ばしていましたが、山に入ると全然ペースが上がりません。昨年の方が良いタイム。

42.195km地点も、昨年が3時間32分だったのが、今年は3時間39分。

71kmのコースは峠が3つあり、大ボスが約40km地点の第二関門までとなりますが、その時の疲労度が昨年とは違う…

これはマズイな、と思い、後続のランナーに抜かれるのは仕方ないと考え、状態を整えて、第二関門からの下りとその後の峠、最後のフラット区間のペースを大きく落とさず、タイムをまとめました。

結果、最低目標である『昨年のタイムと順位の更新』は両方とも叶いました!

順位速報は10位と、3ランクアップ!

タイムは5秒だけの更新ですけどね…71kmも走っておいて。

BlogPaint

また後日詳細報告しますが、この大会はコースは厳しいですが、沿道の方の声援が多く、運営も細かい部分にまで配慮がなされている温かみのある大会で、かなり楽しめました!


↓来月はキタタン!頑張ります!


にほんブログ村

 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ