シリアスランナーBlog -Road to 別大カテ1-

サブスリーランナー。大好きなレース別大のカテ1参加に向けて日々トレーニング!当面の目標はサブ50、サブ40ですが。。 ラン歴7年半、マラソン歴6年。日々のトレーニングやALAサプリメント摂取等により自己ベスト更新!

トレイルレース

第8回道志村トレイルレース 結果!

5/15(日)は道志村トレイルレースに参加!

このレース、距離は42km、累積標高は3000m超と、他にも距離が長く累積標高があるレースはありますが、ロード約10km、トレイル約32kmの中で3000m超は結構きつく、登りばかりがあるような感じを受けて、『ドMコース』と言われています。

また、制限時間は10時間であり、第一(20.4km)と第二関門(32.1km)の時間も余裕はなく、完走率が低い(50%台、悪天候の時には33%台!)という過酷なレースです。

申込者は、ロング(42km)は800名、ハーフ(20.4km)は300名ということらしいです。

↓スタート前の写真。朝5時半過ぎに着きましたが、受付や荷物預けなどはスムーズでした。

06

私はと言えば、今回出来る限り上位に入りたいと目論んでおり(目標タイムは6時間半!)、スタートダッシュもキッチリやり、登山口には70-80番くらいで入りました。

登りは問題ありませんでしたが、下りでシューズのグリップがなく、いきなり激しく転んでしまい手を出血。

下りは滑るのでペースが全く上げられず、ブレーキを掛けるような走りをすることで大腿四頭筋の負担が増大。

下りは抜かれるし、疲労から登りも疲れて登れず、ゆっくり歩いたり、休んだりすることが大半でした…

ガレ場では両足の親指を思いっきりぶつけてしまい、血豆が出来て痛くて最悪でした…

また、人生初のコースロストをして、岩場をずっと走って(歩いて)いました…

↓記録です。10kmで約2時間掛かっています。

BlogPaint

あまりの疲れから、第一関門や第二関門でリタイヤしようと思いながら走っていましたが、エイドでのスタッフの方のサポートを受けていると『リタイヤします!』と言いづらく、結局、最後まで走りました。

最後、何とか8時間は切りたいと思い、間に合ったのでそれだけは満足です。

今回のレースは課題が山積み。

シューズ選択、水分や補給食のタイミング、登り下りでの負担ない走り方、急登でのトレーニング…

6月は飛騨高山ウルトラマラソンですが、7月はキタタン!

次のトレイルレースは悔いのないレース展開をします。


最後に、道志村トレイルレースは走っている途中は『こんなキツイレースはもう二度と出ない!』とずっと思っていましたが、来年リベンジしたいのと、道志村の方々やレース参加者の熱い声援を受けていると、また来年も出ようと思い直しました。

重なるレースがなければ来年も出ようと思います!


にほんブログ村

 
トレイルランニング ブログランキングへ

第8回東丹沢宮ケ瀬トレイルレース 詳報!

本日は家で安静にする必要があり、やることもないのでブログ更新2回目です…

4/24に参加した「第8回東丹沢宮ケ瀬トレイルレース」について忘れないうちに詳細記載したいと思います。

【大会概要】

NESチャンピオンシップシリーズの第一戦として、4月下旬に開催されています。

http://www.k-y-trail.com/higashitan/

今年は4/24で、同日には奥三河パワートレイル等がありました(UTMFポイント資格レース)。

距離は約32.1km、制限時間は7時間、トレイル率は40%程度、標高差1,116m。

累積標高は未計測ですが、私のGPSウォッチだと、1,400mくらいだと思われます。

よって、ロード中心のコースでトレイル初心者やロードランナーに向いているコースと言えますが、トレイルに入ってからの急登は結構キツく、ロードを10km飛ばしてくると脚に相当ダメージがきます。

今年の出走者数は740名、完走者数729名、完走率98.5%です。

【コース】

宮ヶ瀬湖畔園地スタート~早戸川林道~早戸川橋~観光センター入口~伝道~榛ノ木丸~姫次東(山①)~大平分岐~大平~奥野林道~松茸山(山②)~早戸川橋~早戸川林道~宮ヶ瀬湖畔園地フィニッシュ

第1関門は10.8km地点の本間橋で、スタートから続くロードが終わる地点、第2関門は20.8km地点の大平で、トレイルを抜けてロードに一度降りてくる地点の2ヶ所です。

↓コース図、画像が悪いですね…

20160501

このコースは、メジャーな表尾根・大山、塔ノ岳から見ると北の方に位置しますが、私が持っている山岳マップでは、伝道から榛の木丸(ハンノキマル)ルートが載っていない…

そこから姫次に抜けて大平分岐に行き、大平から松茸山からはありますが…

後述しますが、実際に走ってみると、前に人がいたり目印があると安心しますが、途中で「コースロストしたんじゃないか!」という箇所があり、結構大変でした。

実際にロストしている方も数名いたみたいです。

纏めると、コース構成は①ロード10km、②姫次東までの登り、③大平分岐までの下り、④下りロード、⑤松茸山の軽い登り、下り、⑥ゴールまでの5kmロード、という感じです。

【スタートまで&装備】

スタートは8時、受付は6時から。家からは1時間半くらいかかるので、4時半過ぎには出発。

クルマで中央道に乗り、相模湖インターを出て、宮ケ瀬湖畔まで下道を進む。

大会案内には相模湖インターから、と書いてあったがインターから東に戻るので、相模湖東インターの方が速かったんじゃないかと思う。

下道途中でコンビニによりトイレとパン(ゴール後に食べる為)を調達。

宮ケ瀬湖畔園地に着いたが意外と時間がかかり、6時半前に。けど人はあまり多くない。

天気予報は曇りだったが、朝からずっと雨で、高速に乗っている時は大雨

小康状態にはなったが、継続的に降っている。天気予報は外れたか…

駐車場は結構広くて簡単に停められた。受付はスムーズ。

クルマの中でゼッケンとチップを装着するが、装備に悩む

昨年のキタタン(7月)も雨で、コース変更となったこともあり、バックパックや水、レインウェアが嵩張って動きづらく持参したことを途中で後悔したが、今回はどうするか…

放送で山の上は10℃くらい、現在地は14℃というアナウンスを聞く。

雨は全く止む気配はなし。

「よし、雨が降り続くのなら水分は不要。補給食はウェアに持参すればよいのでバックパックなしでいこう!」

と決めて、以下の装備にしました。

・ウェア上インナー : ファイントラック タンクトップ
・ウェア上      : レイドライト トップパフォーマー ノースリーブ
・ウェア下      : サロモン S-LAB SENSE SHORT
・ソックス       : タビオスポーツ トレイル用
・シューズ      : イノベイト トレイルロック255
・その他       : レイドライト パスマウンテン(バフ)、レイドライト アームカバー、グローブ、オークリーサングラス
・補給食       : ショッツ×3(すべて補給)

↓スタート前。右奥が荷物預け場所。

06

↓スポルティバブース。
10 HDR-2

↓雨はずっと降っていました…晴れた日にトレイルレースがしたい。
13 HDR-2

スタート30分前になり、荷物を預けてスタート前のロードでアップ。雨が降っているのでダッシュ多めに短めで。

15分前になりスタートラインへ。バックパックを背負っている人は多いが、前の方はない人が多い。

中にはランパン&ランシャツも!よく見るとランニングシューズの人もいる!ロードが6割なのでランシューなのでしょうが、こんな雨のドロドロトレイルで山を登ったり下ったりできるのでしょうか???

私は前から5列目くらいか。スタートダッシュが肝心!と考えているうちにスタート!

【今回のレースプラン】

ここで今回のレースプラン。
・昨年の40歳代のトップタイムを参考に、3時間前後でゴール(5’36/km平均)が目標。
・前半10kmのロードはキロヨン程度で進む。
・心拍数は170bpm未満として疲労を溜めないようにする。
・トレイル区間では登り下りともに抜かれないようにする。
・最後のロードではペースが落ちるが、4’30/kmを超えないようにする。


■スタート~第1関門(10.8km地点):359-358-359-356-420-442-447-448-541-540-523(11km:51'18)

スタートからフラットコースから坂を登り、下り基調で進むコース。

トップは大体キロ3分前半くらいで進む。私も序盤は見える範囲内で付いていく。

ロードの下りに入り、飛ばし過ぎた人が段々落ちてきて拾っていく。

ここでは無理をしない。最初の1kmは3’59/km。だが、心拍数169bpmと高め。

そんなに疲れてはいないが、後できつくなるのでペースダウンしようと思うが、一度走り始めると難しい…

最初の5kmくらいまでは下り、それ以降が登りのロード。

下りのロードはトレイルロック255では滑る感じがして少し慎重になる。

周りを見ると、ランパン&ランシャツの方がいて勿論、バックパックは背負っていない。それどころかランシュー?のようなシューズ。さすがに速い!

5kmからの登りになり、落ちてくる人がいて拾って順位が上がるが、心拍は170を超えている!ヤバイ、疲れている…こんな状態でトレイルを登れるのか不安。

登りのロードは結構キツく、ペースも5分後半にまで落ちる。

10km通過が手元の時計で45’55とキロヨンなど維持できないレベル…

やっと第1関門に到着(本間橋)。水をのみ、ショッツを一つ補給。一人に抜かれる。


■本間橋~伝道~榛ノ木丸~姫次東~大平分岐~大平(20.8km地点):644m→1397m→約700m
 836-1834-1607-757-804-455-743-848(21kmまで:2:21’52)※GPS誤差あり。


本間橋からはガレ場が少しある林道。先ほど抜かれた人を捉えて抜き返す

最近、トレイルの練習を重ねているので、以前は嫌いだったガレ場や下りは多少上達した感じ。走る場所を少しは分かってきたかな?

なんて考えているうちに再度抜き返され、勝手な思い過ごしだったことがよく分かった

ペースがロードに比べて落ちたため、心拍も安定。170bpm未満となり、取り敢えず抜かれた人に付いていく。

その前に二人ほどいて、後ろは全くいない状態。結構楽な気持ちで進める。ロードで結構引き離したか?

恐らく伝道という場所(12.5km地点)からトレイルへ。最初はそれほど傾斜はないが、道が分かりにくい。

小さな川を渡るセクションがあり、私の前の三名がコースロストし私が先頭に。

少し速めのペースで登るが、今度は私がロスト。リカバリーする際に木に脚をぶつけてしまい少し負傷…

4人のうち3番目で進んでいくが、後ろの一人が遅れていき、前二人には引き離されて独走態勢になる

しかも道が分かりにくい。ずっと一人で急登を進んでいく。雨は全く止まずにトレイルはドロドロ。

トレイルロック255では登れずに時々滑って落ちる。その繰り返し。結構きつかった

この状況で登れずにスローペースで行く人を拾っていく。少しすると後ろから2名が追い上げてきた!

少しペースを上げるが、時々、看板もなにもなく、人の足跡を頼りに進んでいるときがあるので、ロストしていないか心配になる。後ろからも来ているので大丈夫と安心しながら進む。

ただ、後ろから来ている2名をこれ以上は引っ張って行けず、ロストしていないかの不安もあり、道を譲る。

結構速いペースで登っていくので追い付けなかったが、もう少しで榛ノ木丸らしいと言っていたので一安心!

やっと登り切り、榛ノ木丸に到着!少し進むと、本レースの最高到達点の姫次東にも到着!

ここから下り。ちらっと見ると崖のような下り…雨で更に不安定。

行くしかないので進むが、危なくて仕方ない。ここで2名に抜かされる。

その2名に付いて暫く進むと、木でできた下りの階段だが、階段の間が少し離れたセクションになる。

これは怖くて飛ばせない…慎重になり進むが、そのセクションが終わるとぶっ飛ばせるセクション、また階段、その繰り返し…

その階段の場所以外はこのレースの中で一番気持ちの良い下りであった。

18.3km地点の太平分岐に差し掛かる。ここ辺りでスタッフの人から「現在25番(だったかな?)」と言われて少しやる気になる

さて、また下りのセクション。ここでアクシデント。右脚が攣りはじめてきた初めての体験。ヤバイ。

後ろをずっと走ってきた人に道を譲り、攣らないように慎重に下りの階段が多いトレイルを進む。

脚がコントロールできなくなり、下りの階段で何度も転んでしまう。また一人に抜かれた…

何とか数名に抜かれただけで20km地点を通過し、山を下りて、第2関門の20.8kmへ。


■奥野林道~松茸山~早戸川橋~早戸川林道~宮ヶ瀬湖畔園地ゴール(22km~32.1km):700m-510m-585m-284m 500-445-435-445-815-725-453-503-436-459-445(GPS上は30kmと誤差あり:3:09’26)

第2関門では水とバナナをいただく。水を渡してくれたのが可愛い女の子で、自分の顔が泥まみれになっていないか、少し気にしてしまう…

それはともかく、やっとロードに入り脚が攣らないように、力の入れ方を変えながら下りのロードを走っていく。

このセクションでも前も後ろも誰もいない一人旅。このレースでは結構こういう状況が多かったです。

前が見えないかと思い、結構気合を入れて飛ばすも全く見えない…

自分では飛ばしているつもりでも、下りなのにキロ4分半も切れない。心拍数は160前後と全然問題ないが、脚に力が入らない。

そうこうしているうちに、後ろから足音がして、一人に抜かれてしまう。これで30番くらいか??さすがに40歳代でも前に結構人がいるだろうから入賞は難しいだろう、と考えていました。

とにかく、最後まで脚が攣らずに全力でやれればと思い、ロードをひたすら走り続ける。

4kmほど走ると、係員の人がいて右を指している。トレイルに入るのが分かった。

松茸山の最初の登りは全然きつくないが、最後の階段が相当堪えた…登ったところが最高点。

下っていくと、今度はまずいことに左脚が攣りそうになる…その先にはさっきロードで抜かれたランナーが!

下りは私の方が速いみたいで追い付くが、こっちは脚が攣りそうで、いつ攣るか、かなり心配になる。

どうせロードに入れば抜かれると覚悟を決めて、下りトレイルでは突き放す。

あっという間にトレイル区間が終わり。ロードに入る。

係員の方が「ラスト4.8km!」と言ってくれて気合を入れ直した瞬間、左脚がピキッとなり攣りそうになる。危なかった

ただ、ペースは全然上がらず5分/km前後がやっと。当然ながら、さっきトレイルで抜いたばかりのランナーに呆気なく抜かれる…

あとは気合で進んでいくのみ。今度のトレイルからはいつものように絶対にカーフをするんだ!と心に言い聞かせながら走り続ける。

ロードは下りだけでなく登りもある峠道ですが、あと2kmくらいと思われた地点で、後ろにランナーの姿がチラッと曲がりくねった道の後方から見える。

ここでもう抜かれたくない、と気持ちを入れ替えてペースを上げる。

やっと宮ケ瀬湖が見えてきた。もうすぐゴールだ!

と思われた瞬間、駐車場の周りの茂みを周らされる、少々じらされるルート…

どこがゴールなんだ!!と思いながら前を見ると、ひとりのランナーが!

久しぶりに前にランナーを見たと思い、目標にしてスパートをかける。さすがに追い付かない…

後ろからは少し離れたところに、先ほど追ってきているのが見えたランナーがいた。

やっとの思いでゴール!!!終わった。

シューズのチップを外してもらい、椅子に座って休んでいると立ち上がりたくない気持ちになるくらい疲れた

完走証をもらうと、総合順位は予想通りだが、年代別で3位と書いてある!これは意外でした。

BlogPaint

51

表彰式もやっていただきました。純粋に嬉しかった。

ただ、あれだけ中盤~後半に抜かれて年代別3位と言われても…という感じがしますが、やっぱり総合29位というのがまだまだと感じます。

今回、終始雨のレースで大変でしたが、良い面も改善点も発見できました。

マラソンもトレイルも言えますが、事前にレースプランをしっかり定めて、レースのかなり前から直前の調整含めてトレーニングを行い、直前ギリギリまで戦略を熟考した上で、本番では滞りなく実行することが大事ということがよく分かりました。

当たり前のような気がしますが、私も結構ブッツケ本番のレースもありますし、そういう場合は結果も良くないので、当たり前でもないような気がします。

トレイルレースは、特に装備など含めて戦略のバリエーションが多いので、その状況に合わせて選択した人が納得のいくレースが出来ると思います。

このレースで私はシューズとカーフ装着の選択を誤ったような気がします。

事前のトレーニングでは、もう少し傾斜のキツイ場所を練習すればよかったと思いました。

次はしっかり準備したうえで上を目指したいと思います。


にほんブログ村


にほんブログ村

 
トレイルランニング ブログランキングへ

 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ

4/30練:120分ジョグ(4月:450km)&道志村トレイル案内到着!

今朝は、昨晩の飲み過ぎから起床が遅れて7時・・・

起きても出走する気になれず、コーヒーを飲みながら休んでいましたが、キリがないので8時前に出走。

昨日の30km走で両脚とも筋肉の張りがあり、疲れが抜けきっていません。

昨日のブログでリカバリー方法などと書いた割にはリカバリーできていない状況・・・

最近ではレース後もすぐに疲労は抜けるのですが、太もも外側の付け根の筋肉なので、間違いなくトレイルレースでの下りの疲労がまだ抜けていない証拠。

やはり、マラソンとトレイルは使う筋肉が異なるし、ダメージも大きいですね。当面は慣れが必要・・・

ということで、今日は完全に疲労抜きジョグ。

120分で実施するも、疲れのため脚が重く、あと出走時間が遅かったため空腹感が・・・

早くご飯を食べたい気持ちから頑張ってトレーニングしますが、時間走なのでペースを上げても変わりなく、フォームを意識しながら淡々とペースを刻む。

リカバリー目的なので、ペースはキロ5分前後、心拍数は130bpm目安で。

ちなみにシューズはHOKAONEONE HUAKA。

リカバリーのため下はタイツを装着するが、あまり変わりなし…

1


2

平日朝の80-90分ジョグ(18-20kmくらい)の時もそうですが、心拍数の平均値が少し高め。

この程度の負荷であれば120bpmくらいにしたいと思いながら、平均138bpmとなります。

もう少し継続的にトレーニングを重ねないと改善は難しそうです。

この前の東丹沢宮ケ瀬トレイルレースの時も、最初のロード10kmのアップダウンで170bpm超えが多数ありました。

その後、山に入ったときにキツく感じたので、これからは「比較的高めの負荷を掛けたペース走」などをして慣れるほかないと思います。

フルマラソンのタイムから換算した私の閾値は3’51/kmらしいので(ダニエルズ理論)、ジョグの間にこのペースでの5km走などを継続的に行ってみたいと思います。


◆4月総距離:450.11km

私としては初の450km超え!

今後、現状から増やそうとは思いませんが、週100-120kmを目安にトレーニングする予定です。


<道志村トレイルレース案内>

さて、今シーズン2回目のトレイルレースは「道志村トレイルレース」。

NESチャンピオンシップ2戦目ということですが、このロングコース42kmはかなりキツイらしい。

↓宛名面。指定する宿舎に前泊するとキャッシュバックがあるとのこと。
 家から会場まで結構遠いですが(2時間弱)、今回も前泊なしで自宅からの当日受付で臨みます!

BlogPaint

↓スタート7時。ロングのゴール制限時間は10時間とのこと。
 もちろん、途中2ヶ所の関門での制限時間もあり。

10

↓コースレイアウト。最初のブドウ岩ノ頭まででかなりの登り!
 それ以降のアップダウンも半端なく、ここでの体力の使い方がポイントでしょう。 

3
ちなみに、2015年の完走率はロングで57%と低め。

距離は40km超と、近年の他の大会に比べると長くはないですが、累積標高3000m程度のようで、この距離で3000mは結構キツイレースとなりそうです。

昨年キタタンを走りましたが、前日当日の大雨で大幅なコース変更があり、37km程度しか走っておらず、初の40km超えとなります・・・大丈夫か??

2015年の男子優勝タイムが5時間11分、40歳代の優勝タイムが6時間4分、3位は6時間30分なので、天候にもよりますが、目標は高めに「6時間30分」を目指したいですね。

5/3が5000m記録会に出場予定なので、2週間前の山行は止めましたが、1週間前の5/7か5/8に最後の山練を行い最終調整してきます!

レースを通じて自分と闘ってきます!


にほんブログ村

 
にほんブログ村


トレイルランニング ブログランキングへ

第8回東丹沢宮ケ瀬トレイルレース 結果!

4/24は久しぶりのトレイルレース、『東丹沢宮ケ瀬トレイルレース』に参加しました!

06

終始雨に降られて、また気温も4月の割には低かったですが(7-17℃だった模様)、何とか年代別3位(40歳代)、総合29位でゴール!

↓飛騨高山ウルトラマラソン以来の賞状!表彰式もちゃんとやってくれたので感無量です。

51

↓全体では29位とまだまだ。トップタイムは2時間30分くらいなので、もっと詰めていかないとダメですね。
BlogPaint

<大会概要>

私が書くより大会概要HPを見たほうが早いのですが、この大会はNESチャンピオンシップ(北丹沢のN、東山梨のE、スピードランのSらしい)の指定4大会の初戦です。
http://www.k-y-trail.com/higashitan/index.html#001

他は、5月の道志村トレイル、6月の八重山トレイル、7月の北丹沢12時間山岳耐久レースの計4大会です。
ちなみに私は八重山トレイル以外は参戦予定。

距離は32.1km、標高差は1,116m。宮ケ瀬湖畔園地をスタートし、戻ってくるコースです。

制限時間は7時間。トレイル率が40%と少なめのコースですが、そのトレイル区間が結構ハードです。

累計標高は開示なしですが、GPSウォッチによれば多分1,400m程度という感じでしょう。

コースはスタート後、10kmがロード(後半5kmが登り)、約20kmまでがトレイル、その後5kmロードで再度トレイル、28kmくらいからゴールまでロードというコースです。

20160424


<装備>

雨かつ気温が低い、またエイドが10kmに一つあることから、水分持参はなし、バックパックは無しにしました。ショッツのみ3つ持参し補給しました。

その他は以下の通り。

ウェア上    : レイドライト トップパフォーマー ノースリーブ
ウェアインナー: ファイントラック タンクトップ
ウェア下    : サロモン S‐LAB SHORT
シューズ    : イノベイト トレイルロック255
靴下      : タビオスポーツ トレイル用
その他、レイドライトのバフ、オークリーサングラスなど。

ファイントラックのインナーはかなり重宝しました!汗冷えが軽減されて快適でした。

失敗したのは、今回カーフをしなかったこと。マラソン含めて、これまではスキンズのカーフを装着。

今回、ふくらはぎを何度も攣ったので無いとダメですね・・・

あとは、雨のトレイルではトレイルロック255はグリップが効かず、登りも下りも何度も滑りました・・・ロードは速いだけに選択が難しい。私の問題でもありますが・・・雨のレースに向けてシューズも考えます。


<参戦詳報>

出来れば後日詳細アップしますが、今回課題としていたのは、以下の点です。

◆40歳代の過去トップタイムの『3時間』(5’36/km平均)をターゲット!
1.前半10kmのロードでキロヨン目安で巡航
2.全体的に心拍数170bpm未満に抑える。
3.トレイルでは抜かれないようにする!
4.後半5kmのロードでも4’30/km平均で留める。

目安としていたのは良かったのですが、上記1-4項目はすべてダメでしたね・・・

前半の10kmロードは下りでもあり3分台で走っていましたが、登りになるとペースダウン…

以下のように、心拍数170超が30%も!

20160424 グラフ

トレイルでは登り下りともに善戦しましたが、数名には抜かれました。

登りで結構ばてましたね。下りは木の階段の場所がかなり苦戦・・・何度も転びました。

登り下りともに意外と厳しいコースでした。

山を下りたあとのロードは5分を切るペースがやっと・・・

一人に抜かれましたが、何とか粘ってゴールしました!

家に帰って、近くの公園でダウンジョグ4.5kmを実施。明日からのランの備えです。

本日は37.1kmのランで終了!

今月累計:359.8km

課題は山積みですが、来月の道志村トレイル、7月のキタタンに向けてトレーニング頑張ります!

その前に、5/3に5000m記録会を頑張ります!


↓最後に宜しくお願いします。


にほんブログ村

 
マラソン・ジョギング ブログランキングへ

ビルドアップジョグ25.4km、第8回東丹沢宮ケ瀬トレイル案内!

土曜日はポイント練。

最近は比較的長めに走り、その一部をペースランやレペティション、インターバル走などにして、トータルで25km以上は走るようにしています。

最初はきつかったですが、段々と慣れてきて、25km超を一回で纏めて走っても翌日も疲れなくなりました。

今日は昨日の飲み過ぎ&食べ過ぎで朝練ができず、夕方のみの練習。

外に出ると暖かい!20度はある模様。

勿論、半袖&短パン!

お腹がまだ苦しいので、最初は抑え目のジョグからスタート。

シューズはHOKAONEONEクリフトン2。1000km超はこのシューズで走っているのでソールが減ってきた。

ペースは多少上がり、4’30/kmを切るくらいで最初の5kmを走っていると体がきつく感じる…

一旦、休憩。気を引き締めて再度ランスタート!

今度は15kmまで快調に進み、4’25/kmくらいで巡航。

15kmになってシューズをタクミセン2に履き替えて今度は4’15/km目安でペースラン。

ソールの薄さが違うので、履き替えるとロードを裸足で走っているような感じがする…

けど、同じようなペースで走っても反力が違うので、4’25/km→4’10/kmくらいになる。

1.5kmコースを約16周走って終了!

加えて、1.5kmのダウンジョグを入れて、25.4kmで本日は終わり。

■1:44'33"39 23.904 km 4'22" /km 1,672 kcal 183spm×121cm 160bpm(91-185)

39

最大心拍数が上がっている感じがするので、再度測りなおす必要あり。

多分190bpmくらいはありそう。

自分の体力向上を数値化して知るのは嬉しいですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、二週間後は今期初のトレイルレース「第8回東丹沢宮ケ瀬トレイルレース」!

トレイルレースはこれで2回目。

昨年のキタタンは雨でコース変更があったり、直前で脚を痛めていたためガレを走るのが痛かったり、最後の5kmで痛めていた腸脛靭帯炎が再発して下りが走れず、相当数抜かれたり、良い思い出がありません。

キタタンは今年もリベンジですが、東丹沢宮ケ瀬トレイルはキタタンと同じく、NESチャンピオンシップの1レースであり、前哨戦として頑張ります!

東丹沢宮ケ瀬トレイルもキツイですが、それより来月の道志村トレイルは相当キツイらしいので、気を引き締めて取り組む必要がありますね!

↓本日、参加通知書が送付。

12

トレイルの練習はたまに山に行く程度と、毎日20階の階段を往復する程度しかやっておらず、これから月2回くらいは山に行こうと思っています。

あとはロング走。

明日行けたら朝行きます!

↓最後に宜しくお願いします!


にほんブログ村
プロフィール

black boxer

Twitter プロフィール
1974年高知県生れ。元々金融マンですが現在は健康食品/化粧品会社の社長。ラン歴8年、マラソン歴6年。フル2:50'53(2018板橋city)、30km1:58'09(2017青梅)、ハーフ1:21'50(2020ハイテク)、5000m18'06(2019/5日体大)、1500m4’55(2018/6東京RC)
記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
  • ライブドアブログ