シリアスランナーBlog -Road to 別大カテ1-

サブスリーランナー。大好きなレース別大のカテ1参加に向けて日々トレーニング!当面の目標はサブ50、サブ40ですが。。 ラン歴7年半、マラソン歴6年。日々のトレーニングやALAサプリメント摂取等により自己ベスト更新!

キタタン

6月走行距離:304.18km、キタタンは当然DNS…

6月走行距離ですが、304.18kmと300kmを少し超えた距離。

ここ数ヶ月で見るとかなり少ない距離になっています。

ただ、左足の痺れやら右足の後脛骨筋炎で30日中、20日しか走っていない割には多いのでしょう。

2017070101


走行距離の月の変動はほぼなく、2月は日数の関係で少ないですが、それ以外の月は大体400-450km前後くらい。

それからすると全然走っていない感じがありますね。

ちなみに、20日間の内容は、

■レース:ハーフ1、5000m1
■ポイント練4
です。

最近、毎日整体に通い詰めで、今日は生まれて初めての鍼治療もやり、脹脛の張りはかなり取れてきました!

あと少し、あと少し。。

まだまだ走るのはキツイですが、焦らず完治を目指します。

やはり走らないとお腹が減らず食事量が減ってきます。

朝もご飯半分、昼食もサラダ主体、夜は酒とつまみ程度で問題ないです。

筋トレは毎日ダンベル等使って結構ガンガンやっていますが、足の筋トレはできないし走らないので筋肉が減ってきますね。

特に大殿筋や大腿四頭筋などは筋肉量が大きいので体重も落ちそうです。。

昔ラグビーを止めた後に食事量が急激に減って体重が14kg程度落ちましたが、このまま走るのを止めると5kgは体重が減りそうですね。

あまりに走らないと、このまま止めるとどうなるとか考えてしまいます。。

まあ、仕事ではないのでそれもありですし、最近モチベーションが下がっていたので良い時間となっています。


明日、予定では年に一度のトレイルレース「北丹沢12時間山岳耐久レース」に3年連続で出場予定でしたが、当然ながらDNS。

これで今シーズンはトレイルレースはなし。

7月はトラックレース2本があるので、それまでには治して出場できるよう頑張って整体通いします。


ちなみに、本日は高島平ロードレースのエントリーだったので忘れずにしておきました。

10月のメインレースが決まりました!

東京マラソンのチャリティーも開始されましたが、多分ないかな~。

今シーズンは別大は行かないので、来年2月はいわきサンシャインと青梅にする予定です。

先ずは11月の大田原をやり、2月いわき、3月板橋という予定。

フルはキツイし準備もいるのでこれで十分。

それまで体調整えて頑張ります。


■本日:ランオフ、筋トレのみ

■今月ラン計:0km


↓最後までお読みいただきありがとうございます。
 二ヵ所バナーへのクリック宜しくお願いします!


にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング

第18回北丹沢12時間山岳耐久レース<レース編>

忘れないうちにキタタンのレース編を記載します!

2016070905


↓私が思い出すためにも、コース図を再掲!
2016070904

2016070903

■スタート~第一関門(神の川ヒュッテ:18.59km):2:39’04

スタート位置は後方だったので、号砲の時には進まず、よくあるマラソン大会のようにゆっくりと進みます。ロスタイムは29秒。

最初は結構急なロードの坂道があり、ここで飛ばすと後のロードに支障があるのは前回経験済み。よって、息が上がらないようにゆっくり進む。

最初の1kmは5’40/kmと良い感じ。前を見ると、トップランナーはかなり先にいて、多くのランナーが続いている。その数、数百人という人数に感じました!

結構遅れたと感じたが、先は長いのでと開き直り、疲れないペースで走っていく。

約2kmで平丸の登山口へ。ここは渋滞するが、焦らず登っていく。けどかなりペースが遅い…少しイライラ。

すぐに平丸分岐右折があり下りに突入!シングルトラックなので抜けませんが、最後に道が開けたところで一気に数名を抜く。

その後は7km近いロードへ。登り下りはあるがペースが上がらず、キロ5分くらいにしかならない…

この区間で抜こうと試みたが、あまり順位は変わらず。


立石建設(11.19km地点)から登山口に入り、鐘撞山への登り。ここで1時間17分くらい。

この日は登りが調子よい。もともと登りは好きな方ですが、この日は疲れが少なく、前のランナーをプッシュして譲ってもらって先を進んでいく。10名超は抜いたはず。

鐘撞山(標高900m)に到着し、更に県境尾根分岐(標高1280m)へ。距離にして15.09km地点、まだまだ疲れない。定期的にジェルやゼリーを補給したのが良いみたいです。

ここからいよいよ本格的な下り。前回の道志村トレイルレースの時には下りで滑って全然ダメでしたが、今日はまずまず。

ブシドーとの相性が良く、滑ることもなく快調に降りていく。多少は抜かれますが抜くこともあり順位変動はあまりなし。

ただ、下りの後半は結構疲れて体力を消耗しました…

第一関門(神の川ヒュッテ)には2時間39分で到着。暑かったので水分補給し、フラスクも満タンにして、バナナと塩を頂きます。

靴に石が入っていたのでベンチに座って処理します。結構長く滞在している人がおり、真夏のレースの厳しさを感じます。


■第一関門(18.59km)~第二関門(神の川園地:29.42km):4:04’27

私は約3分で第一関門を出発し、その後の急な林道を歩いて登っていきます。

関門の少し先に、キタタン優勝者で本日ゲストランナーの宮原徹選手がいて、ハイタッチをしてもらいパワーをもらいます。

ここから約420mの登り。意外にキツイ…走れませんが、早歩きで前を捉えて順位を上げます。

急な木の階段や橋などもあり、なかなかタフな区間です。アドベンチャーレースという感じ。

それが終わり、犬越路トンネル(22.22km)から林道の下りが7km、第二関門までずっと続きます。

ロードというより石がゴロゴロした林道。疲れた脚にはダメージが大きいです。

ペースは5分/kmくらいで進み、何人かを抜かしましたが、段々石が多くなって疲れてキロ5分30秒近くまでペースダウン…

抜いた人にまた抜かれてキツイ区間でした…

また、この区間は日なたが多く、かなり暑かったので体力を奪われました。

何とか第二関門前のエイドに到着!

ここでは水をかぶり、塩とバナナ、パンをもらい補給します。水分はまだあったのでつぎ足しませんでしたが、これが後々失敗することに…


■第二関門(29.42km)~ゴール(44.24km):6:36’48

このエイドも3分くらいで出発します。第二関門はエイドの少し先。4:04’27で通過。

タイムは4時間を超えていたので、残り15kmを1時間半で走るのは厳しいと感じ、6時間以内に切り替えます。

ここから一番キツイ登り!傾斜が半端ない!気を抜くと後ろに落ちそうになります。

けど今日は登りが調子よい。ぐんぐん登り、前の人を捉えてドンドン抜いていきます。20人くらいは抜きましたね。

何度もニセピークに騙されますが、袖平山の山頂に着く手前の急な階段から景色を見ると、霧がかかった幻想的な景色が広がる!!景色を見ながら少し休みます。

更に登り、本当のピークの姫次へ。私設エイドがあり、空っぽになったフラスクに水分を補給。

ここまでの登りでショッツを全て使い果たし、もう食料がない…

けどお腹は減っている…大丈夫か?

残りは下りだけなので何とか大丈夫!と割り切って下りを攻めていきます!

ここからの下りは然程急ではなく、階段区間などありますが、走って下れる斜面。結構気持ちよい!

前のランナーでブシドーを履いていた人が軽やかなステップで走っており、それに付いていきます。

下り区間から平坦な区間に変わり、これから走ろうとしたときに体に異変が…

かなり体が疲れて動きが鈍い…ここから歩いたり走ったりし始めます…

確か、大平分岐(37km)~平丸分岐(39.24km)までの区間。

ハンガーノックというのだろうか、体に力が入らないです。水分は十分あり、補給しますが改善せず。

勿論、後続ランナーには数名抜かれていきます。

気合いで何とか走ったりしますが、継続できず歩きはじめる…

そのうち、平丸分岐に辿り着き、最後の急な下りへ!

ここから重力に従ってドンドンペースが上がっていく!自然とペースも上がり、前のランナーを捉えていきます。

1kmくらい進んだ時に、上腹部辺りから激しい痛みが!下りの衝撃で胃の辺りが痛む。

あと、水分が枯渇して脱水の時によく起こる症状に似ています…

また体が動かなくなり、今度は完全に立ち止まる…これまで抜いてきたランナーにドンドン抜かれます。

本当に悔しかったですが、何もできない。ただただ歩いて、後ろから来たら道を譲る、この繰り返し。

20-30名くらいには抜かれた感じです。

『あと10km以上は残っている、もう走れないのでリタイヤしよう』と決めます。

ふと、下を見ると山の出口が見える。GPSウォッチを見るとまだ34kmくらい。

(この距離の謎はいまだによく分かりませんが、キタタンはこの距離だという認識は付きました)

そういえば、少し上の方でスタッフの人が「あと5kmだから頑張って!」とか言ってたな~と思い出します。

山を下りるとエイドの方がいて、「あと2kmだから頑張って!」と言っている…

『あと2kmなんですか~、そうなんですね~」とよく分からない返事をして、昨年も走った道路に出て、青根キャンプ場までの近道と書いてあるトレイルを進み、スタート地点の場所へ。

『昨年は脚をケガしていたからゴール前で抜かれたんだよな~』と思い出しながら、今年は最後だけはちゃんと頑張ろうと思い、ペースアップしてゴール!!

距離がもっと長ければ間違いなくリタイヤしていましたが、何とかゴール出来てよかった!!

↓ゴール前の様子。焼けて真っ黒ですね!
BlogPaint

■フィニッシュ:6:36’48、総合140位/893名、40歳男子50位/370名

2016070906
終了後、ポカリとうどんをもらい、隣にある風呂に入って疲れを取り、中央道が渋滞の中、何とか夕方には帰宅しました!

食欲はあまりなく脱水症状のようで、体のダメージは大きかった…

翌日は大丈夫でしたが、火曜日から大腿四頭筋の筋肉痛が酷く、木曜日まで続きました…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終わってみて、今年も悔いが残るレースとなりました。このレースはきついですが、来年チャレンジしようと思わせる大会です。

総合上位のタイムが4時間20分前半、4時間台だとかなりの上位タイムで、5時間前半だと年代別入賞のタイム。

多分、今年はスタートからゴールまでしっかり走れば6時間はギリギリ切れた感触はあります。

来年こそは6時間切りは最低こなし、5時間半近くまで走力を上げられるよう、一年間トレーニングを積みたいと思います!

あと、途中区間で鎖場があったり、不安定な橋を渡ったり、前に進みづらい登りを登ったり、アドベンチャーレースの要素はたっぷり詰まった大会です!キツイですが…

↓最後までありがとうございます。ポチッとお願いします!

にほんブログ村

 
トレイルランニング ブログランキングへ

第18回北丹沢12時間山岳耐久レース<概要、準備、装備編>

先週7/3実施の『第18回北丹沢12時間山岳耐久レース』の詳細を忘れないうちにアップしたいと思います。

いつものように、まずは概要、準備、装備編から。

2016070905

言うまでもなく、この大会は富士登山競争、ハセツネと並んで『日本3大山岳レース』と言われる競技性の高いレースで、多くのトップランナーも参加します。

ハセツネのように給水所が極端に少ない(ない)ことはありませんが、7月のレースの為、ある程度は携行する必要があります。

給食も最低限のものしかない為、自分で携行する必要があります。

今回の出走数は1,213名、完走者数:970名、完走率80%とのことです。

キタタンは道志村とは違い、関門時間がゆとりがあるため、完走率は良い方です。

<コース>

運営側の情報では、
・全走行距離:44.24km、最大標高差:1,143m、累積標高差:2,900mです。

標高差はこんなもんかな、という感じですが、GPSウォッチと距離が大きく違った…

私の時計では約37km。7kmも違ったので、リタイヤせずに済みました(笑)。

測り方の問題と思いますが、道志村は大会側の数字(42km)とほぼ同じでしたので、詳細はよく分かりません。


■青根緑の休暇村(スタート)→平丸→立石建設→鐘撞山→神ノ川ヒュッテ(第一関門)→日陰沢源頭→広河原→神ノ川園地(第二関門)→風巻ノ頭→姫次→平丸分岐→青根緑の休暇村(フィニッシュ)

2016070904

関門は、「第一関門:18.59km地点」→4時間半、「第二関門:29.42km地点」→6時間、「ゴール」→12時間と、44kmのコースなのに、約29km地点で全体の半分となる6時間となっています。

ということは、残りの15kmを6時間で行けばよいことになります。

この秘密は下記の高低図で分かります。要は、第2関門~姫次までの累積標高が多い為です。

確かに、この登りはきつかったです…

2016070903

全体的に、このコースはかなり『ロードが多い』。全体の半分くらいはロード&林道を走っている感じです。

ロードと言っても、石がゴロゴロの林道。脚がかなり疲れるので、シューズはある程度しっかりした方が良いですね。

ロードが多いので、少し厚めのランニングシューズという手もあります。

実際に、ランシューの人もいましたね。

<装備>

いつもと変わり映えしませんが、以下の装備です。

・ウェア上インナー : ファイントラック インナー タンクトップ
・ウェア上      : レイドライト トップパフォーマー ノースリーブ
・ウェア下      : サロモン S-LAB SHORT
・靴下        : タビオスポーツ トレイル用
・カーフ       : スキンズ
・shoes       : スポルティバ ブシドー
・バックパック   : サロモン SENSifit 12L(ハイドレーション携行なし、ソフトフラスク500ml×2のみ)
・テーピング    : 両足首はゴンテックス、両膝はニューハレ
・その他      : レイドライト バイザー、オークリーFLAK2.0

水分はスポドリにして、給水所で全て満タンにする前提で、ソフトフラスク500ml×2にしてロードの走りやすさを優先。

給食はショッツ×5、メダリストジェル1個、ウィダーインゼリー×2、塩飴を複数、でしたが、足りませんでした。

シューズは迷いましたが、林道が多く、急登も多いので、安定感のあるブシドーを使用。

この選択はよかった!実際にブシドーの人も何人かいました。

見た感じ、シューズはバハタやブシドー、HOKAチャレンジャー、サロモンセンスプロ、イノベイトのタロンなどが多かったですね。

<当日>

私は極力宿泊せずに家から向かいます。寝床が変わるのがあまり好きではないので…

2時半に起床、ご飯とヨーグルトで済ませて、テーピングを巻き、トイレも済ませて3時過ぎには出発。

前日にアクシデントがあり、クルマのバッテリーが上がってしまいましたが、この日は問題なし!

中央道に入り相模湖ICを降りて順調に進み、会場近くに到着!今回は上の駐車場ではなく、青根キャンプ場の方で近くて助かった!

5時過ぎには到着し、駐車場から5分歩いて受付会場に行きスムーズに受付を済ませて、クルマに戻り、ゼッケンとチップ2枚を付けて、トイレにも行って5時40分には準備完了!

↓1時間前のスタート地点の様子。まだ誰も並んでいません(笑)
BlogPaint

↓6時前。受付が遅くなると並ぶことになります。当日受付も結構います。
33 HDR-2

16 HDR-2

↓これはゴール後の写真ですが、お店が結構出ていました!イノベイトの試し履きも。
14

↓キャンプ場です。朝なので静かですが、昼頃になるとテントでいっぱいに!気持ちよさそうです~
29

スタート20分前、既に6時半スタート組がかなり並んでいます!
私も6時半スタートなので早く並ばないと!!!
19 HDR-2

<目標>

今回の目標は、『6時間切り&総合順位100位以内』です。

昨年のキタタンはコースが変更されたので実質「初出場」ですが、トレイルレースにも多少慣れて、走力もそこそこ付いて、山行も行っているので、これくらいは行けるだろう~という自信です。

ただ、以下のことは守るようにしました。
・スタートダッシュしない(息切れするくらい追い込まない)
・登りはスムーズな早歩きをして抜いていく
・大半のロード(林道)は4分台/kmを維持
・下りは脚を置く程度のスピードにして、足首を捻ったりしないようにする

いつもはスタートライン近くに並んでダッシュを掛けますが、今日はあえて後ろに並びます。スタートロスは29秒だったので、大したロスにはなりませんでした。

キタタンは中盤にかけてロード区間が多いので、ここでしっかり走れるよう敢えて前半は飛ばさない作戦です。

最初の小さい山は渋滞しますが、すぐに終わりますし、その次に長いロードがあるので渋滞は気になりません。

キタタンは、①姫次までの体力維持、②嫌な林道でのスピード維持、③鐘撞山と袖平山(姫次)でのスムーズな登り、④2つの急登の後の下りへの切り替え、がポイントですね。

私は苦手な下りはあまり攻めずにケガはしないようにして、得意なロードと登りで抜いていく戦略にしました!

どうなることやら…


にほんブログ村

 
トレイルランニング ブログランキングへ

第18回北丹沢12時間山岳耐久レース 速報!

今日はキタタンの日!

昨年の初出場の際には、前日から降り続いた大雨の影響で鐘撞山も袖平山、姫次も登れず、距離も短縮されて林道レースのような大会になってしまいました…

私はその時腸脛靭帯炎になっていて満足に走れず、確か270位くらいだったような気がします。

今年こそはキタタンを走りたいと思いエントリーしましたが、天気は最高35度の猛暑の予報!

これぞキタタンという感じですが、今日はその洗礼を受けました…

6時半スタート前の様子。ちなみに、私も6時半スタートです。

写真 2016-07-03 6 04 19

今回の目標タイムは6時間以内、総合順位で100位以内には入りたい!

スタート時は前の方には並ばず、真ん中より少し後ろくらい(実際のロスは29秒)。

今回はあまりスタートダッシュはせず、登りとロードで追い上げて、下りで順位を維持する方針で。

最初の登山口では多少渋滞になりましたが、隙を見ては追い抜き、その後のロードでも順位を上げて、鐘撞山や袖平山の登りでも前を抜いて順位を上げていきました。

日頃からの登りの練習がかなり活きています!

途中、それなりに苦しいときもありましたが、何とか耐えて、最終の姫次の登りも終えて、下りも快調に飛ばしていた時、体に異変が…

胃の辺りに痛みが差し込み、ダルさが続き、頭がボーッとします…

登りの最後に水がなくなり、またジェルも全て使い切っていて、脱水症状とハンガーノック気味だったと思います。

突然、下りで力が入らなくなり、走れなくなって立ち止まり、歩くのもしんどくなり、当然何人にも抜かれます。

30人くらいに抜かれたと思います。

GPSウォッチを見ると、まだ33kmくらい。キタタンは全長44kmなので残り11kmもある、これからそんなに走れないのでリタイヤしようと決めました。

どうにかこうにか下山して、給水所の方に水をもらいながら、『あと2kmなので頑張って!』と言われて、『あと2km??』と首をかしげます。

ウォッチと全然距離が異なるので詳細はよく分かりませんが、昨年通った見覚えのある下りのトレイルを通り、青根キャンプ場に到着し、スタート地点を通過した後、グルッと回り込んでゴール!

■6時間36分48秒

速報順位では総合136位、年代別48位でした…

↓ラップ表。第1関門、特に第2関門までをペースアップしないと目標達成はできない!
 finishまでのラップは論外ですね…

2016070301
来年に向けてまた目標が出来たので、一年間頑張ってトレーニングして、次は少なくとも6時間は切りたいと思います!

後日、詳報アップしたいと思います。




にほんブログ村

 
トレイルランニング ブログランキングへ

キタタン案内到着!&6/19キタタン14日前練:北高尾練

7/3のキタタン(北丹沢12時間山岳耐久レース)の参加通知書が本日届きました!

今回で18回目!老舗のレースです。

昨年出場し、右脚の腸脛を痛めていて、また雨でコース変更もあり、満足したレースが出来ませんでしたが、今年はそのリベンジで頑張りたいと思います。

↓昨年はハガキでしたが今年は封書で。

BlogPaint

43

私の記念すべきトレランのきっかけとなったレース。良いレースをしたいと思います。

天候も気になりますが、何ともしようがないので、状況に合わせてベストを尽くします。

今年は上位50位以内には入りたい。6時間以内が目標!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飛騨高山ウルトラマラソンであまりダメージもなく、今週末から早速トレイル練習!

土曜日はヤッソ800m×10本。まだまだ体調は戻らないですが、負荷を掛けないとトレーニングにならない。

6/19の日曜日、朝5時に起きて、いつもの北高尾でトレーニング!

ルートは、高尾駅北口~小仏関跡~富士見台~杉沢ノ頭~狐塚峠~杉ノ丸~三本松山~堂所山~景信山~小仏トンネル~高尾駅までの約20kmのいつものコース。累積標高は約1200m。

いつもと違うのは、会社の後輩の走り友達を連れてきていること。

彼はいつもはトラック専門ですが、私が引っ張りまわして、フルマラソンなどを誘っています。

今回は彼にとって初トレイル。まだ20代中盤で陸上経験豊富なだけに、後ろからプレッシャーを受けながら練習することが私の目的!

ロードを1.6km走って、トレイルへ。いつも通り、早速の急登!どんどん登りますが、結構心拍が上がる。

前半は殆ど下りがないコース。かなり苦しいですが、走り歩きを交えてドンドン登っていきます。

今日はいつもよりも結構キツイ!二人での練習は追い込めるから良い!

まずは富士見台、その後、杉沢ノ頭へ!良い景色!

21

ここからは下り。彼はランシューなので下りは厳しい。

私の今日のシューズはスポルティバブシドー。相変わらず踵の圧迫があり靴擦れが起きそうで絆創膏をするが、それ以外は完璧なシューズ!全く滑らず安定感はバツグン!

重さは300g(片足)らしいが、もっと軽く感じる。けど、このコースはここまでごつくなくても大丈夫ですが…

次はヘリオスSRなどを履いて試してみたい!

このコースは前半はドМな登りコースですが、段々とフラットなトレイルが出てくる。これが気持ち良い。

かなりのスピードで飛ばせる!

40

45

狐塚峠から一旦林道に降りますが、また登山道に入り堂所山を目指します。

大体3kmくらいですが、登りで結構キツイところもあり疲れます…

↓堂所山に到着!
05 HDR-2

続いて、景信山を目指します。ここで10時半くらい。ちょっとペースアップしないとこの後の予定が厳しい!

ここからは巻き道も多く、飛ばせるところは飛ばす。

途中で、連れが足を攣って立ち止まる。私もその後、左脚を捻って捻挫…

それでも何とか進み、やっと景信山に到着!

私にとっては5回目くらいかな?彼には初めて!

50 HDR-2

けど、何度登っても気持ちが良い。これが山の魅力かも?!

ここから小仏バス停まで私の大好きな景信山の下り!!

なかなかテクニカルで急な下りのコースです。

その後ロードに出て、高尾駅まで5km程度走ります。

ゆっくりと二人で走って、駅前のコンビニでゴール!!

ちなみにコースマップはこちら。今回は一度も道に迷わずにゴールできました!

2016061908

キタタンまで残り2週間、頑張ります!!


にほんブログ村

 
トレイルランニング ブログランキングへ

プロフィール

black boxer

Twitter プロフィール
1974年高知県生れ。元々金融マンですが現在は健康食品/化粧品会社の社長。ラン歴8年、マラソン歴6年。フル2:50'53(2018板橋city)、30km1:58'09(2017青梅)、ハーフ1:21'50(2020ハイテク)、5000m18'06(2019/5日体大)、1500m4’55(2018/6東京RC)
記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
  • ライブドアブログ