シリアスランナーBlog -Road to 別大カテ1-

サブスリーランナー。大好きなレース別大のカテ1参加に向けて日々トレーニング!当面の目標はサブ50、サブ40ですが。。 ラン歴7年半、マラソン歴6年。日々のトレーニングやALAサプリメント摂取等により自己ベスト更新!

大田原マラソン

大田原マラソン後の初jog


■11/26:10.4kmjog(4’47)

初フル後くらいに今回は疲労が残ったが、3日目にして何とか回復。

まだ脹脛や大転子、臀部などに細かい疲労が残っており、当然内蔵疲労もあるので無理はせず。

帰宅後、ペガサス36に履き替えて出走。

ロングタイツ、長袖シャツ、ウィンドブレーカー、手袋。

10℃くらいしかなかったので寒いかと思いきや、然程でもなかった。

走り始めは着地衝撃を感じるが、徐々に問題なくなる。

フォームを意識して1kmほど走り、城北公園周回コースに入る。

雨が降っていたのか、路面が滑りやすく、霧がかかっている。

走っている人も数名いたが、少なく非常に走りやすい。

5周ほどして、久しぶりに城北公園の児童公園に向かう。

児童公園にも周回コースがあるが、1周どれくらいか試したく。

GARMINで測ると450mくらい。

トラックが雨で使えない時は、ここでインターバルやレペもよいかもしれない‼

遠回りして帰宅、10.4kmにて終了。


しかし、走る事に関して近年様々な事を試してきたが、失敗を重ねるにつれて自分に合った方向が見えてきたように思う。

上手くいかなかったり、停滞したりすると、何か変えたくなるものである。

一方、自分が信じた中核のやり方を継続する勇気も必要なのであろう。

過去を振り返って良かった状態を確認し、暫くはその方法を継続することにしよう。

以上です。

大田原マラソン後のダメージ。。


■11/24:完休

■11/25:完休

最近、滅多に無いことだが、ここまで筋疲労が強いと走る気も起こらない。。

臀部、ハム、大腿四頭筋、足首など、脚はほぼ全て筋肉痛。。

幸いなのは、ケガはしていないだろうということ。

筋挫傷、肉離れのような強い痛みは特段ない。

42.195km走っておらず、たった31kmしか走っていないが、状態が悪い中で走ると距離以上の疲労となる。

調子が良いと次の日でも走れたりするが。

当日の状態はよっぽど悪く、その中で無理して走ったので悪化したのだろう。

逆にそれが安心となった。

3週間後の防府ではPB更新できるように頑張りたいと思う。

今回は疲労が強かったためか、体重は増加。

疲労回復の為、体が水分を貯めこむためらしい。

これからどれだけ落ちるのか楽しみである。

予定では、今週末にシーズン最後の5000mを控えていたが、多分無理だし朝早過ぎ…

こっちから願い下げである(笑)

地道にトレーニングしよう。

以上です。


第32回大田原マラソン


■11/23:大田原マラソン途中棄権:30.5km+upjog1.5km=32km


私自身、今回で5回目の出場となる大田原マラソン。

来年から3年ほど休止となる発表があり、今回は大田原ベストを狙いたいところ。

別大権利獲得を狙った2015年に初出場、その際は2:55’45と初サブスリーを達成。

その後、記録更新を狙うが、PB更新を狙うあまり後半失速し、2:57→2:58と低迷。

昨年に至っては30km以降歩いてしまい、3時間半も掛かってゴールしてしまった。。


ところで今年、当社は大田原マラソンに協賛したため、ブースを出展。

大田原市に前泊し、当日朝早めに行き準備対応した。

IMG_3626

冷たい雨が降る中、スタッフととも頑張って準備。

9時20分ごろ栃木放送さんのラジオ出演があるとのことで、小雨になったタイミングでupjog実施。

うーん、左臀部と腰が痛む。

なんていうのか、脚に力が入らない…

二日間の完休くらいでは治らなかったようです。

トイレに寄っていたらインタビューが始まっていたようで、ダッシュでブースに戻り出演する。


さて、レース。

10分前に整列に行き、Aブロックの前から10列目くらいの1レーンに位置。

今日のシューズは300km近く履いているヴェイパーフライ4%フライニット。

ネクスト%でも良かったが、今日はこれくらいで良いと思い。

大田原マラソン名物のスペシャルは7か所のうち、前半5か所に置こうと準備。

これが後の私の運命となることは知る由もなし…

IMG_3620

スタート時は小雨、気温もかなり低く、帽子にアームカバーを着用。

ついでに疲労が残った脹脛にカーフカバー。

10時となりいよいよ号砲。

招待選手を中心にトラックから飛び出していく。

スタートロスは7秒程度とほぼなし。

今日のプランは疲労があり、風も強く、気温も低いので、5kmを20分30秒程度で行く想定。

大田原のコースは前半が下り基調、23.7kmから30kmまでは風がキツくタイムが落ち、30km以降は風は避けられるが、33.6kmから登りが強くなるというもの。

毎年、最初は突っ込み、25-30kmに最もペースが落ち、30kmから再び上げるというイメージでやっていた。

但し、今回は体調も前半の風が強いので、抑え目に入ろうと。

サブスリーペーサーをかわし、その後サブエガペーサーもかわす。

キロ4くらいで行くが、やはり臀部とハムに違和感。

気温が低く脚も動きづらい。

最初の5kmは20’07とまあまあ。

途中で3’55/kmのサブエガペーサーにパスされる。

10名くらいが付いている感じ。

次の10kmは20’03と少し上げる。

ここから下り坂がきつくなるが、数名に抜かれるようになる。

呼吸は大丈夫だが、脚が重く感じる。

主に、腰に力が入らなくなる。

15kmまでのラップは20’27

悪くはないが、状態は悪い。。

15km手間の登り坂で臀部をやられた。

坐骨神経痛てな感じ。

17km過ぎから折り返し区間となり、少し気が紛れる。

前を行く人たちはあまり状態が良くなさそう。

今年の天候コンディションはいつもより悪そうです。

20kmを通過、20’42とやはり落ちてきた。

但し、昨年よりは前半抑えていた分、楽に感じる。

中間点は1’25’55と大田原で一番悪いタイム。

余力があれば後半で巻き返し55分は切れる望みはある‼

23.7kmのライスセンターまではペースを落とさずに進む。

4’05/kmくらいか。

左側から強く風を感じ、左に曲がった途端、想像通りの風。。

23.7km-25kmまでの登り区間は何気にキツイ。

前からどんどんランナーが落ちてきているので、拾いながら向かい風に向かって進んでいく。

25km通過、ラップ20’59

左に折れてガードをくぐり、いよいよ那須おろし区間へ!

凄い風‼

ここまで余力を残していたつもりだったが、徐々にペースが落ちていく。

数年前は4’20/kmくらいで抑えられていたが、この日は痛みと風の強さで力が入らない。

昨年の女子優勝者のメモリードの吉冨選手も歩いていた。

抜くこともあるが、それ以上に抜かれ始め、28kmくらいまでは何とかいけると思ったが、29kmくらいから走るのも困難となり、30km通過後、左に曲がった後、筋疲労で走れないことを確認しリタイアした。

歩いていると向かいから救護の自転車の方が来て、向かい側に来た救護車に乗せてもらい集会所のような場所へ。

先ほどの吉冨さんなど数名が暖をとっており、私も冷えた体を温めた。

マイクロバスが来たのでスタート地点まで送ってもらうが、途中から渋滞がひどく、スタート4時間すぎにやっと戻れた。。

全身筋肉痛。

臀部とハムの痛みをかばいながら走った結果、ふくらはぎや腰なども悪化。

当面休息ですね。

↓以下データ。

IMG_3631

IMG_3628


敗因はレースの詰め込み過ぎ。

2週間前までこんな痛みはなかったのだが。

フルマラソン1週間前は、たとえ短くてもレースを入れてはいけませんね…

次は初の防府読売マラソン。

気持ちを切り替えて、PB更新となる走りが出来ればと思います。


完全休養_整体治療へ


■11/21:完休→整体にて指圧治療

今日も備忘録として記載。

大田原マラソン二日前。

昨日の練習で更に悪化したのか、臀部と腰の張りが強く、退社後に行きつけの整体へ。

いつもは鍼指圧治療だが、今日はレース前につき無難に指圧のみ。

時間は60分と長めにして、いつもやらない上半身もやってもらう事にした。

私担当の先生、鍼と指圧が痛すぎて45分しか耐えられないのだが、今日は指圧のみなんで60分でも大丈夫だろうと高を括っていたら大間違い。。

指圧だけの方がメチャメチャ痛い…

なんでこんな痛い思いをして走らないといけないんだ?といつも思いながら、歯を食いしばって治療を耐える。

60分間、汗をかき続けて良いトレーニングになった(笑)

体も軽くなり、良い感じだ!

先生曰く、相当疲労が溜まっていたとのこと。

やはり、毎週レースなんぞ、無理しすぎた。。


帰りに近くの100均に寄ってスペシャルドリンクの諸々を購入。

計7ヵ所置けるのだが、全て取っていないので、今回は5個のみとした。

中身はこれから作成。

私の場合、いつも決まっていてサントリーDAKARA+ハチミツ+レモン汁。

明日は前泊なので、帰宅後、荷物準備をした。

会社から行くので普段よりも荷物が多い。

明日朝は最終ランするか、朝の状態を見て決めたいと思います。


大田原ピンチか、疲労は抜けず…


■11/20練:2000m(7’21)+ジョグ=7.5km

昨日より状態は良いが、それでも臀部ハリは取れず。

ケガではないので走った方が筋肉は固まらないと思い、帰宅後に城北公園へ。

今年3月の板橋City以来だろうか、薄底シューズを履いてみた‼

ミムラボ。あの三村さん製作のオリジナルシューズ。

IMG_3616

これは加古川市のふるさと納税の返礼品で入手したもの。

元々、三村さんに足のサイズを測ってもらっていたので、10万円の寄付で大丈夫だった(測っていないと15万円+ラボまでの交通費)

言うまでもないがフィット感は最高。

特にアッパーと踵。

これで豆ができるなんてありえないだろう。

このシューズにzoomXが入っていれば完璧なんだが。。

久しぶりに薄いシューズを履くと路面からの衝撃が強く感じる。

すぐに慣れたが、やわい脚になったもんだ(笑)


ところで今晩はメチャメチャ寒い。。この冬初めてネックウォーマーを投入。

ロングタイツに長袖シャツ+ウィンドブレーカー。

アップをキロ4分前半で走るが汗をかかない。。

4kmくらい走り、トラックへ。

さて、大田原マラソン3日前練メニューは「2000m走」

あまり脚を使わず、楽に走れることが目標。

感覚が大事なので時計は見ない。

PBを出した板橋Cityの際も同じ練習をやったが、7分で走れたので状態が良かった。

果たして今日はどうか?

アップで砂トラを走った際、全然グリップせず相性の悪さを感じた。。

ではスタート‼

ロングタイツだが、脚捌きはあまり気にならず走る。

が、やはり路面にグリップしない。

ソーティマジックRPとかの方がまだマシ。

レース前なのであまり追い込まず自然な状態で走るが、脚臀部の疲労があるのと疲労からか呼吸が苦しい。。

周回を重ねていくとペースが落ちているのが分かるが、何とか最後まで走る。

私の感触では7’10だったが、実際は7’21とかなり悪い…

これは、大田原マラソンがかなり心配。

IMG_3617

IMG_3618


今回は練習レースにして、12月の防府で全力を尽くすと思っていたが、そんな甘いものではない。

来年の別大も厳しいくらい。

一年くらいかけて体を作り、2020年秋のレースで結果が出せるよう、今から取り組みたいと思う。

アッ、そういえば、大田原名物のスペシャルドリンクをまだ準備していなかった!

明日にでも買ってこようと思う。

プロフィール

black boxer

Twitter プロフィール
1974年高知県生れ。元々金融マンですが現在は健康食品/化粧品会社の社長。ラン歴8年、マラソン歴6年。フル2:50'53(2018板橋city)、30km1:58'09(2017青梅)、ハーフ1:21'50(2020ハイテク)、5000m18'06(2019/5日体大)、1500m4’55(2018/6東京RC)
記事検索
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
  • ライブドアブログ